« 過去 | トップページ | 今この時を、思いっきり生きるために »

今日の礼拝にて

つくづく、男性はプライドの生き物だなーと。(「それ、否定されたら可哀想」とある姉妹が(^^;;;)

礼拝後に、求道者の男性二人が話していたこと。

自分が神さまを求めようとしなかった時期の功績や能力、出来たことを主張しあって嬉しそうに笑っているのを見て・・・・・・もう、ぶっちゃけ「あなた達って、そんな事でしか自慢出来ないの?」と帰りの車の中で笑ったし同じぐらい悲しくもなった。

自分の反面教師とさせていただいてます。\(__ ) ハンセィ

多分、恐らく、離れていくかな・・・・・・。

残念ですが。

だって、そういうのなら何で会社辞めちゃったの?とかドンドン出てくるさ。

「うーん。聖書には主の十字架しか私たちには誇るものはない」と書いてあるよと。

思うクリスチャンは私だけでしょうか・・・・・・。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

自分の役割というものを考えさせられることが最近本当に多い。

母教会にいた時、非常に失礼な冗談を平気で言う青年がいました。

正直、評判は非常に悪かったです。

私も、かなり彼から言われてかなり、しこりが現教会に来るまでは正直残ってました。

思い出すたび、腹が立ってたしね。許せなかった。

でもね。彼のたった一言で彼の過ちの全てを許せる言葉があったんです。

「○○さんね!(私)○○さんが、生かされているのは、○○さんしか出来ないことがあるからだよ!」という一言です。

その言葉が今、私を生かしてくれている。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

最近、本当にこの現教会に来て、自分が何故自分の「闇の力の恐ろしさ」をこれでもか!と苦しみのトンネルを通らなければならなかったのか。

何故、今、その「闇の力」に気付いて(本当は、こんな人間いないほうが良いんです。いちゃいけないとも思ってます)他人に同じ「闇の力」の働きを少しでも感じると、その人がどんどん「闇の力」につっこんでいくののストッパーになれないかなぁ~と祈ってます。

経験した者としても、クリスチャンとしても・・・・・・。

この「自殺王国」で神さまから与えられた人生を終わらせたくない。

神さまを知って欲しい。

私には、正直に言います「愛」はありません。

聖書は実に厳しいことを仰っています。

私だって、「無理!!!」と思いますよ。

でも、神さまは現教会の牧師のメッセージを通して私が感じる事は、こんな、人間でも牧師は見捨てない。

育てる。その努力と一生懸命さは凄い。

もう、神さま、(何度も言いますが)本当に私の必要をご存知で・・・・・・有り難う御座います。

今日のメッセージの中のお話でもありました。

凄い重度の障害者の子供が居て、脳性まひに、聴力もなくなるだろうと言われていた子供が居て。

彼を何とか、導こうと「導き手」の存在が居て、もう、ずーっといつまでも続く「愛」や「優しさ」を持って諦めなければ彼は天才ピアニストにはならなかったと。

神は「愛」を求めていらっしゃる。

私をも通して。

私は、病者も健康も関係なく、こんな素晴らしいものを持って、生まれてきたのに、病気や苦難や諸々の「闇の力」に負けて、自殺している人を、今の時点では分からないけれど、最も悲しく思う一人の人間。

そうゆうように、召されたクリスチャンとして、これからどうあるべきかを模索中です。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ちょっと、ゆる~い話しを・・・・・・。

今日、半そでのTシャツが無かったので、METALLICAの1988年の「DAMAGED JUSTICE」を着ていたら。

母親が「あー、あんた(オシャレなのより)そういうのの方が似合ってるわ」と。(^^;;;

(笑)

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

後ですね。やっぱり、子供が無邪気にはしゃいでいる声を聞いていると私は結構「安心」します。

幼稚園児が「疲れた・・・・・・」という時代。

考えなくてはいけないことは、もう、自分が求めてなくても神さまから突きつけられてくる。

でも、いっちばん、私が怖いのは自分がどのような悪い事をやっても神さまから見捨てられること。

これは、もう、ダビデが罪を犯したように犯した時は、「うわーーーー!」というぐらい神さまから裁かれました。

有形無形で。

幸いでしたねぇ~。

その時の御言葉が、イザヤ書1章18節「さあ、来たれ。論じ合おうと」と主は仰せられる。

「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。

たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。」です。(^・^)

にほんブログ村 病気ブログ ストレス性疾患へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

|

« 過去 | トップページ | 今この時を、思いっきり生きるために »

キリスト教」カテゴリの記事